FC2ブログ

花にっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェア・ビアンカ

73.jpg

イングリッシュローズの白バラでは、グラミス・キャッスルと並んで人気の品種ですね。
よく似た花ですが、こちらは直立性で枝も太くしっかりとしています。
蕾も花も丸くてコロンとした、可愛いERです。

74.jpg


今頃咲いてる??
そう、ちょっと遅いですよね~
実は、一番花は虫のダメージがひどくて、まともに咲かなかったのです。
でもそれがかえって良かったようで、良いシュートが根元からビュンビュン上がっています♪

72.jpg

生憎の雨降りが続いていますが、多少花びらは痛んでも頑張って咲かせてくれています。

このフェア・ビアンカのように、一番花が咲かなかった株が幾つもあります。
私は落ちこぼれのバラって呼んでいますが(笑)
今、それらがゆっくり咲き始めました~♪
スポンサーサイト

ザ・フェアリー

70.jpg

アプローチの階段脇の花壇は、上の方から順に咲いてきて
やっと一番下のザ・フェアリーが咲いています。
丈夫な半つる性のシュラブで、思い切った刈り込みをしても
それなりに形が整います。

69.jpg

トゲが細かくて多いので、あまり長くしない方が楽かも知れませんね。
私的には、ピンクの色が少し甘すぎる気もします。
それでも、繰り返しさいてくれて
ガーデンローズとしては、重宝な一株です。

ゴールデン・ボーダー

67.jpg

我が家には数少ない黄色のバラです。
このバラは、修景用のバラには珍しくトゲの少ない、香りのあるバラです。
直立性でこんもりとした樹形にまとまるので、
花壇の手前やアプローチなどにも、最適かも知れませんね。

68.jpg
とても多花性で、返り咲く期間も短いのでしょっちゅう咲いている様な気がします。

今年は一番花の殆どが、ゾウムシにやられてしまって
まともな花が見られませんでした。
ところが、それがかえって良かったようで
とても元気なベイサルシュートがバンバン伸びています。

花を咲かせずに株を育てる、本当にその通りですね。

アルバ・メイディランド

65.jpg

ホワイト・メイディランドとは同じ修景用のバラですが
2cmほどの小さな花が、ブドウの房のように固まって咲きます。
挿し木でも簡単にしっかりした株が作れて、これも挿し木苗から育ったものです。

66.jpg

トゲが細かくて、素手では触れないほど・・・
人が触れる場所は、避けたほうがいいかも~
とても丈夫で、かなり思い切って刈り込んでも、そこそこの形を作ってくれます。

71.jpg


アルバ・メイディランドをピンクにしたようなツルバラ、名前は分かりませんが
これもとても丈夫です。
きっとのイバラのような原種に近いバラなのでしょうか。
樽に植えっぱなしで忘れられていますが、ちゃんと咲いていました。
61.jpg

昨日から、関西は梅雨入りです。
バラのシーズンも終わりに近づいています。
人気ブログランキングへ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。